FC2ブログ

東京喜多局 田端計画003

171104_001.jpg
松:・・・はい、今日はいろいろ調達してきました。

171104_002.jpg

岡野:ウエ方のダブルスリップが手に入ったのですね。

松:はい、周辺のポイントと共に、本日入荷しましたので、配置しています。

171104_003.jpg

岡野:工場長、やはりTomixのポイントでは、分岐の角度が大きいため、現実の見た目通りにはなりませんね。

工場長:こればっかりはどうしようもないですね。予算的な部分は仕方がありませんので、現段階では妥協しましょう。

岡野:はい。・・・現実のラインとは少し変わりますが、ポイントと配線の数は、せめて忠実に合わせていきます。ポイントの角度の問題で若干奥行きや幅が変わるのはできるだけ調整します。あぁ・・ワタクシ的には非常に悔しいところですが、まさかTomixさんに5〜10度のポイント造ってくれとは言えませんからね。

松:メーカーもあと半分くらい7.5度くらいの分岐を造ってくれると、だいぶリアルに近づくんですけどね。早くそういう時代になってくれることを願いますよ。

岡野:では、軌道の敷設に参りましょうか・・・。

171104_004.jpg
松:岡野先生、ジョイントとりあえず繋がりましたね。

岡野:走行テストも概ねいい感じでしたねぇ、カズさん。

カズ:はいー♪ 最初ドキドキしましたが、Tomixのジョイナーとフレキシブルレールの相性はまずまずのようでした。割とストレスなく滑りましたね。(微笑)

岡野:レベル合わせも、t=1.2 P板2枚分で丁度いい感じですね。仕業4番5番線は、この雰囲気でどうでしょうか。

工場長:そうですね。仕業3番線はほぼストレートでしょうからウエ方少しカーブさせて4番線に平行に敷いていきましょう。

松:では、工場長、ちょっとこっちに来てください・・・。

171104_005.jpg
松:本日、巣鴨のさかつうさんで見つけたんですが、仕業庫のピット部分のレール、これでどうでしょうか。

岡野:!!いいね、それ!!

工場長:これはまた、いいフォルムなレールが手に入りましたね。

松:はい。Micro Engineering Company の NICKEL SILVER RAIL CODE 55です。

岡野:レールの高さが非常にいい感じですね、早速、ピットの支柱とビームを設計しましょう。

工場長:これは面白いのが手に入りましたね。

松:はい、巣鴨のさかつうさんは品揃えのセンスがいいですね。覗いてみた甲斐がありました。ベースに使用するP板のほとんどは現在さかつうさん経由で入れてます。量販店も考えますが、ついで話や、こうした発見があるのは地域個人店の長所のような気がしますね。値段じゃないんですよ、こういうところは・・・。

工場長:そうですね、確かに。(微笑)コスト低減も必要ですが、他に必要な要素があれば調達は松さんに任せていますからうまいことやってください。

松:恐れ入ります。(微笑)

工場長:・・・・そういえば、千石本工場はいかがでした?

松:現在は休車の保存場所になっておりますが、大奥様もお元気でいらっしゃいましたよ。

工場長:それは良いですね。

171104_006.jpg
工場長:岡野先生、月末ぐらいまでになにか形になりそうですかね?

岡野:少しずつですが、レール天端までの地面が固まれば、あとは上物だけですから、そこがポイントになってくるでしょうなぁ。

工場長:引き続きお願いします・・・。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

※ご覧の画像を右クリックで別窓表示(「イメージを新規タブで開く」等)しますと割と大きな画像を楽しめます。
※この記事に登場する人物その他は恐らくたぶん概ねフィクションです(笑)。実在する名称、団体、個人、その他は一切関係ございません。

スポンサーサイト