FC2ブログ

機関車カプラー検討 いつの間にやらモデルがいっぱい。ピンクのパイパイも追っかけてちょっとだけヨ。

180325_001.jpg
ヤス:今回は結論から発表です!こんな雰囲気になりました。・・・・以上です!!

岡野:え!・・・いやいやいや、結論すぎるでしょ。

ヤス:めんどくさいプロセスやタイトルの真意をご覧になりたい方は、「続きを読む」をクリックどうぞ。

岡野:ヤス君今日はキレてるのかキレてるのかよくわからないけど、よろしければ続きをどうぞ。

180325_002.jpg
工場長:おお、調達が早いですね。

徳:はい。いつもお世話になっております志村工場長から情報がありまして、「0396が有効では?」とのことで、サダとヤスで仕入れてきたようです。

ヤス:土産話もありますよ。カプラーは銀座の有名店で入手しましたが、その帰りに田端と上野に寄ってきました。

180324_001.jpg

ヤス:第三下田端踏切にやってきました。

サダ:今日は久しぶりに原寸体感だね。

ヤス:そうっスね、よく工場長にも言われますけど、1/1からのスケールダウンは時たまでも原寸のソースを体感しないとイメージが薄れますもんね。

サダ:そうだなぁ・・・じゃ、時間までちょっと散歩してみようか。

ヤス:賛成っス!

180324_002.jpg
ヤス:北側に回ってきました。

サダ:わかっているとはいえ、だいぶ機関車が減ったね。

ヤス:まだ今日は居るほうじゃないですか?

180324_003.jpg
サダ:向こうにEF64-1030が入ってるね。

ヤス:いつのまにかEG灯が撤去されてません?

サダ:あー、そうかもね。残念だなぁ。

ヤス:・・・あ、あの点検台写真撮っていきます。

180324_004.jpg
ヤス:金網ごしですが、このアングルもいただきです!

サダ:しかしレールがサビサビだよ。僅か残る機関車のために運営が存続してるけど、新型の機関車の配置が無いところを見るとあまりテキストにしたいくない現実だよねぇ。

ヤス:そろそろ時間ですよ、兄貴!

180324_005.jpg
ヤス:おおー!推進ですよ!久っさしぶり〜♪

サダ:E26系とはいえ、客車は客車。雰囲気が違うね〜。

180324_006.jpg
ヤス:やっぱりローズピンク、赤13号の国鉄標準色、EF81-81号機、パイパイと呼称するファンも少なくありませんが。

サダ:ヤス君、一応タイトルのとおり、解説おつかれさん。

ヤス:やっぱり出庫していく様は・・・うーん、格が違いますね。

サダ:これがやっぱり通勤電車とは違うのだよ。ははは・・・。

ヤス:じゃ、上野へも行きましょう!

サダ:おい、ヤス君、ちょっと走らないでも間に合うって。(笑)

180324_007.jpg
ヤス:来ましたよ、13番線。やっぱいいですねー。

サダ:まだこの景色が見られるのが奇跡だね。

180324_008.jpg
ヤス:3/24 カシオペア紀行 青森行ですね。

サダ:今日はビデオは撮らないのかな?

ヤス:いやー兄貴、今日は静かに見送りましょうよ。・・・しかし運転台、随分乗ってらっしゃいますね、なんでしょうか。(微笑)

180324_009.jpg
サダ:おぉ、この汽笛は、ならではだね。

ヤス:お子さんの付き添いで来た慣れない親御さんがびっくりしてましたが、耳に栓してて良かったですね。

サダ:全身で汽笛を受け止めるのも醍醐味だけど、僕らはもういいかな。発車の汽笛は乗務員さんにもよるみたいだけど、気密度の高い乗客のみなさんに発車を知らせる意味ではこれなのかも知れないね。

ヤス:そろそろ現場にカメラを戻しましょう。業務連絡、回想終了〜本編に戻ってくださーい。


180325_003.jpg
源:さてと・・・こっちはまずカプラーの比較だな。

トメ:先日、ロクヨンセンに施工したボディマウントに比べると、顎付きで若干連結位置が高くなるんですね。

源:じゃあ・・・そうだな。とりあえず一旦穴を埋めて、軸穴を開けなおすか・・・。

トメ:そういえば、さっきサダ君に聞いたんですが、先日のロクヨンセンのジャンパソケットにホースの接続穴を空ける下穴用のφ0.2mmドリルありましたよね。実は前回、途中で折ってしまったために8割方φ0.3mmドリルで下穴を空けていきましたが、上野に回るって言うのでついでに巣鴨のさかつうギャラリーで買ってきてもらったんですよ。そしたら店長さんに声を掛けられて細いドリルにまつわるお話を少しされたみたいです。0.2mmという細さから強度的に折れやすい現実、消耗品的な性格である反面、購入しようとするとなかなか高額なためにユーザー側だけでなく売る側も心が痛いとのことで、店長さんのお人柄に触れてきたようです。

源:いい店が近くにあるってのは幸せだな。たまには俺も行ってみようかなぁ。

180325_005.jpg
トメ:ちょっと公開をためらいましたが、出してみました。

源:お断りが必要なのは今時だな。

トメ:仕方ありません。火を使いますからね、火をよく知っている人間でも注意しないと大惨事になりますから。決してお勧めするものではないとだけ厳重に注意しておきますよ。

源:ランナーの端を溶かして穴を塞いで、軸穴をKATOサイズで開けなおすって工程だな。

180325_006.jpg
トメ:感覚でピンセットのヘリなどで押して冷却します。空け直しはドリルで行います。

180325_007.jpg
源:とりあえず並べてみたが・・・。

トメ:真ん中の旧製品の機関車用TNカプラーからすると、だいぶコンパクトになりましたが、先般のボディマウント(写真なし)から比較すると、連結器の下側に若干出ている顎が気になるぐらいです。こんどはEF65-1001に換装してみます。

180325_008.jpg
トメ:実際に取り付けて連結してみましたが、客車側のTNボディマウントは上下に若干の遊びがあるので、カマ側の高さでも、ある程度は付いてってくれると思います。機能的にはまず問題ないと思います。

180325_009.jpg
源:車間もまずまず、連結面もおかしくないな。

トメ:そうですね。しかしながら手間の面では上下の首の高さの調整ではボディマウントTNからの改造の方が手間が少なく仕上がりもより自然に見えますが、製造コストと汎用性ではこれも採用ですね。

180325_001.jpg
源:・・・で、冒頭の仕上り画像となるわけだな。

ヤス:やっぱし長くなりましたね。毎度お付き合いしていただけるご覧の皆様に感謝致します。冒頭の演出は一見(いちげん)さんフィルター効果でした。

トメ:効果あったんですかね?

岡野:ありがたい常連の方々にはそこそこでもお楽しみいただけたんじゃないでしょうか。

トメ:そうだといいですなぁ・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

※ご覧の画像↑を右クリックで別窓表示(「イメージを新規タブで開く」等)しますと臨場感ある大きな画像を楽しめます。
※最近ネタスベりが横行しておりますが、よろしければ拍手やブログ村のバナークリックして工員さん達や乗務員さん達を労ってやってくださいませ。(笑)
※このサイトに登場する人物その他は恐らくたぶん概ねフィクションですがたまにもしや?という人が出現します(笑)。・・ですが、実在する名称、団体、個人、その他は一切関係ございません。

スポンサーサイト