FC2ブログ

鉄道模型コンテスト2018 T-TRACKジオラマコンテスト見学レポ たいやきやいたさん編

180804_000.jpg
徳:おお!行ってきたか!

ヤス:はい、今回は研修の意味も含め、局長はもとより、岡野先生、ナルさん、源さん、トメさん、タカくん、そんで俺っちで行ってきました。

徳:しかし、異例のタイトルだな。

ヤス:今回たいやきやいたさんと初めてお会いでき、いろいろお話を聞けたので、感激した局長の命令で、シングルカットでお送りします。


ブログサイト
「とある保存鉄道の記憶~あの情景をもう一度。。。」のマスターであるたいやきやいたさんの作品ッス。
東京喜多局劇場風に紹介させていただきましたので、よろしければ「続きをよむ」クリックにて、ご覧のブログをお楽しみください。(敬礼)

180804_002_tai.jpg
ナル:さて、あの踏切越えたら作品ですよ。

源:おい、あの遮断機、上下するらしいぞ。

トメ:いきなりきましたねー。

カンカンカンカン・・・・・・
180804_003_tai.jpg
ヒューーーーダダッダダン、ダダッダダン、ダダッダダン・・・・・タタン・・・・・

源:山手線も随分遠くまで乗り入れるんだな。(ハハハ)

ヤス:KATOッスからね。

ナル:なんでも、車両は公平性を持って運営側で走らせているみたいですね。

タカ:・・・だとすると、新製品とか一押しのフル編成とか見たいですよね〜。

ナル:そうそう、特別協賛KATOとありました。販売促進で、そーゆーのもアリですよね。私もいろんな車両みたいですよ。レア物で試作品走らせちゃうとか、そんな遊び心があってもファンの心を掴めたりして・・・。

岡野:ナルさーん、あんまり話が長いと次の列車が来てしまいますよ。遮断機開いたら速やかに渡りましょう。

ナル:おっと、こいつは失礼しました。(ハッハ!)



180804_004_tai.jpg
岡野:いやー、迫力ありますね!橋のスケール感が土木してますねー・・いや、機械的・・・なのか?

源:おおー、久しぶりに岡野先生の目が光ってるよ。

トメ:最近、カリカリしてましたからね・・・良かったんじゃないですか。

ヤス:やっぱたまには表の空気吸わないとダメッスよ。


180804_005_tai.jpg
ナル:向こう岸で写真撮ってますよ。

岡野:護岸に降りられるんですね、いやー、この夏の木々の匂いがたまりませんね〜。

トメ:このたまに吹くそよかぜが心地いいですねぇ〜。先ほどから蝉時雨も盛況ですね。


180804_006_tai.jpg
ナル:岸辺もいい感じですね〜。あそこでも写真撮ってる方がいらっしゃいますね。

源:魚はいるのかなぁ・・・。おっと赤トンボか・・・早いなぁもう秋の気配だよ。

タカ:あの橋の下、涼しそうですね〜。


180804_007_tai.jpg
タカ:あ、あそこでおねぇさん達が手を振ってますよ。

ヤス:こんにちはー!おーーい!

源:オイ、ヤス!気軽に声掛けるなよ。

ヤス:いいじゃないですか、おーーい!こんにちはーー!

おネェさんA:こんにちは〜♪

ヤス:お、ヤッタ!お茶でもどーですかー?

おネェさんA:ちょっとォーーー!「窓」開いてるわよー!!(アハハ♪)

ヤス:え?・・・ん?・・・なんとォ〜!(赤面)

源:だから言ったじゃねぇか、だらしねぇ。

ヤス:源さん知ってたんスね。・・・・人が悪いなぁ。

タカ:プププ・・、あ、いや、ここらで持ってきたドローン飛ばしてみませんか?

岡野:いいねぇ、やってください。



180804_008_tai.jpg
岡野:上から見るとまた違いますねー。

ナル:お話では1本のワイヤーで吊って、モーターで上げ下げできるんですって。

源:そら凄げぇ、しかもあの滑車もいい感じで回ってるぞ。

トメ:機械屋さんの目で見ても、瞳孔が思わず開いてしまうでしょう。(微笑)よくできてます。

180804_001_tai.jpg
ナル:最後に全景です。マスターのたいやきやいたさんにはお話もさせていただきまして、誠にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。(敬礼)・・・と局長が申しております。


ナル:さて、そろそろ時間ですよ。


180804_010_tai.jpg

ナル:どうやらパトレイバー賞をいただいたらしいです。

一同:おめでとうございます〜(敬礼)

岡野:あれ?対岸にはいかないのか?

ナル:行けないんですよ。

岡野:なぜだ?・・・どーしてだ?

ヤス:あー、それは裏から撮影できないからですよ。背景もありますが・・・。

ナル:しかしながら、もうちょっと撮影距離を余裕みて写真撮りたかったですねぇ。あと手撮りはどうしてもブレるので写真が粗いのと、シャッター優先で撮っているので、被写界深度も激狭でしたがご勘弁を。

トメ:残念ですねぇ・・・対岸からのシーンも絶対イケてますよ。

岡野:よし、帰ったら主催者側に意見を描くぞ。

ヤス:岡野先生、あんまり過激なのはどうスかねぇ、手加減よろしくお願いします。

岡野:任せておきなさい・・ま、悪いようにはしませんよ。

源:おお、やったれやったれ。(ガハハ)



180804_009_tai.jpg
(ジーーーーーー、ヒョロロロロ・・・・)

ナル:なんか送られてきましたよ。・・・あー、岡野先生らしいですね。ぜひ「世界を変えてください」ですって。運営さん、次回からは是非よろしくおねがいしまーす。というわけで、レポはしばらく続きます!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

※ご覧の画像↑を右クリックで別窓表示(「イメージを新規タブで開く」等)しますと臨場感ある大きな画像を楽しめます。

※このサイトに登場する人物その他は恐らくたぶん概ねフィクションですがたまにもしや?という人が出現します(笑)。・・ですが、実在する名称、団体、個人、その他は一切関係ございません。

スポンサーサイト